HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

当社の前身  慶応元年4月英国人EH・ハンターが神戸にて株式会社範多商会(貿易会社)を創業、大正4年5月保温工事部を設立し業務を拡大。
 昭和29年歴史と伝統を誇った同社も、不況、財閥解体などの影響を受け全事業を閉鎖するに至る。
昭和29年
(1954年)
当時、保温工事部長だった横田武夫がその後を引き継ぎ、昭和29年9月に会社を設立(資本金50万円)、本社を大阪市西区立売掘に、営業所を山口県防府市に置く。
昭和30年
(1955年)
高砂営業所開設
昭和35年
(1960年)
富士営業所開設
昭和37年
(1962年)
本社を大阪市福島区へ移転
昭和46年
(1971年)
鹿島営業所開設
昭和47年
(1972年)
鯖江営業所開設
昭和50年
(1975年)
東京営業所を上野に開設
昭和58年
(1983年)
本社を大阪市北区へ移転
平成元年
(1989年)
横田徹が社長就任
平成 4年
(1992年)
資本金を3,510万円に増資
平成15年
(2003年)
本社を大阪府吹田市へ移転
平成16年
(2004年)
東京営業所を足立区へ移転
平成19年
(2007年)
本社を大阪府箕面市へ移転
業界に先駆けてISO14001を認証取得
平成22年
(2010年)
延岡営業所開設
平成29年
(2017年)
鯖江営業所移転

icon 会社情報へ戻る